<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2月は福寿草(春の妖精)

今日は1月31日(土)早朝。
昨日は結構な雪が降りましたが、今朝は一転しての快晴。
机に向かう僕にあたる、窓ガラス越しの温かな陽の光。
空気が乾いているから、スキッ、キリッ(わかりづらいですね 笑)としていて、気持ちのいい朝。 
きっと外に出ればもっと気持ちいい。

・・・やっぱり寒いから外には出たくないけれど(おいっ!)、ちょっと窓から顔を出して、陽の光をすこしだけ感じてみようかなっていう気分になる。

そういえば、この歌をご存知ですか?

「日のあたる 窓の硝子や 福寿草」

永井荷風が詠んだこの俳句。寒い日が続いてきた大地に久しぶりに当たる2月の温かな陽の光に誘われて、おもむろに土から黄色い花をちょこんと咲かせる福寿草の姿を、今朝のような陽が窓ガラスにあたるのを見てその気分と重ねたのでしょうね。


2月と言えば福寿草。
昔から春を告げる花の代表で、旧暦の正月が2月だったのもあり、元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持っている。
福寿草の花と南天の実とセットで
 「難を転じて福となす」
という縁起物の飾り付けもされることがあるとか。

まだ寒いこの時期に花が咲き、茎は伸び、濃い緑の葉をつけますが、夏にはその姿を消して地下にもぐって晩秋に花芽を出すそうで、そのためにスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)「春の妖精」とも呼ばれているそうです。

”福”を招き”寿”(ことほ)ぐ、何とも縁起の良い”草”。 でも、可愛らしいその身を守る為に、毒素も持っているので、食事のテーブルに置くのは少し憚られるのが残念なところ。

野に咲く小さな黄色い花に、少し神聖なものを感じた今朝でした。


では、2月のメニューをご紹介します。


[ディナーメニュー]

2014.2.4~ 3.3      福寿草 (ムニュ・サン・ヴァランタン) ¥7600 (¥8,208)
Menu Saint valentin


アミューズ・ブーシュ (宇陀金牛蒡のスープ)
Potage de Salsifis

山菜のフリットと寒鰆
Légume sauvage et poisson KANZAWARA.
待っていました山菜。毎年この時期が待ち遠しい、僕も大好きな山の幸。天候により手に入る山菜も変わってきますが、出来るだけいろいろ揚げて、今年一番の山野の恵みを。 
そして、そこに加えて寒鰆。 春の魚と書きますが、実は寒いこの時期が身に適度な脂がのって本当に美味しくなります。 寒鰆は仕入れてすぐにマリネして、一昼夜寒風にさらし、海苔と共にさっと蒸して半生で。春菊の香り、蕗の薹の香り、生姜の香り。

d0275530_22244848.jpg



“サン・ジャック(帆立)” ローズ色のエミュリュション 
Saint-jacques Poêlée Emulsion de Radis rose.
大粒の帆立貝を。紅芯大根、林檎、赤かぶ、赤紫蘇で。
d0275530_22245245.jpg



ホワイトアスパラと子持ち槍烏賊 パルメザンのサバイヨン
Asperge blanche et Encornet Sabayon de Parmesan .
食事の進み具合をみながら、ゆでたてのホワイトアスパラガスを、ふんわりと出来立てのサバイヨンソースで。
シンプルながら、収穫が始まったばかりの、”走り”のフランス産ホワイトアスパラガスを、湯がきたてのうちに、ふんわりとしたパルメザンチースのソースと、この時期に腹にいっぱい子を持つ子持ち槍烏賊のポワレを合わせて。 西洋の春の訪れを告げるピサンリ(タンポポ)の黄色い葉のほろ苦さをアクセントに、西洋の春一番の美味しさです。

d0275530_22254164.jpg



“サン・ピエール(的鯛)” とシュークルート 
Choucroute.
シャンパン、ガチョウの脂、ねずの実、パンテェッタ、ハーブ・・・、クルティーヌ伝統の作り方をそのまま踏襲した、これぞ本場のシュークルート。そこに、小えびを塩でマリネし絡めた一皿。肉主体のシュークルートはあまりにも有名ですが、その裏メニューにあたる魚のシュークルート。
この魚主体のシュークルートは、御堪能頂きたい二月の一皿。
的鯛の薫製とシュークルートと白ワインソース。
d0275530_22255741.jpg



マグレ鴨のロティ 山形県産雪下ナヴェ(蕪)と実生柚子のソース 
白みそとムータルドのコンディモン
Magret de canard Sauce Yuzu au Navet, Condiment Miso-Moutarde.
マグレ鴨というよりは、”蕪”が主役。
このひとさらの皿の上の二月はぜひご自分でご堪能ください。

d0275530_22261396.jpg



宮崎県産日向夏のソルベ
Sorbet HYUGANATSU
爽やかに。ほのかに。ほろ苦く。


“サン・ヴァレンタイン”の一皿 
(モワルーショコラ、ヴァローナショコラとキャラメルのフォンダン、ソルベカカオ、シルバーベル)
Assiette Saint Valentin .
クルティーヌが誇るヴァローナショコラのデザートを一度に幾つも食べられる機会はこの時期をおいて他にはありません。。


フランス産パムプリー(AOC)無塩バターと、そのバターのために作った自家製パン
Pain et Beurre de Pamplie.

小さな3種のフランス菓子
Mignardises.

食後のひととき
Café ou Thé.


¥7,600(¥8,208)


2月と言えばヴァレンタインデーですね。 所々に“サン(聖)”ヴァレンタインを意識した料理構成になっています。頑張った自分へのご褒美として、またはご友人や大切な人と一緒にお楽しみください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『レジェ(全体量少なめの軽いコース)  ¥4700 (¥5076) 』
前菜+メイン+デセールをお選び下さい。アミューズブーシュ、パン、バター、食後のお飲物も含まれております。


『クルティーヌ ¥5700(¥6156) 』
冷前菜+温前菜+メイン+デセールをお選び下さい。アミューズブーシュ、パン、バター, ミニャルディーズと食後のお飲み物も含まれております。



< Les Entrées froides >  冷たい前菜

・北海道の真ツブ貝と能登の甘エビのタルタル  蕗の薹の香り
毎年この時期にとても美味しくなる北海道の活き真ツブ貝。身はコリコリして、潮の香りがし、ほのかに甘みも感じられます。そこに能登のねっとりとした素晴らしい甘エビをそのミソと共に絡めて、あっぱれブロッコリーという毎年この時期のみ愛用する生食が美味しいブロッコリーを細かくして合わせます。そして、春の蕗の薹の花の蕾の香りを周囲にちらし、絡めながらのボナペティ。この時期に一番美味しくなるこの四者が合わさるとどのようなマリアージュになるのか!? ぜひ味わってみて下さい。

d0275530_22241298.jpg


 
・本日のサラダ  “カプリス・シェフ” (シェフの気まぐれサラダ)
その日の気分の前菜をほんの少しずつサラダとともに盛り付けた、ちょっぴりお得な、シェフ気まぐれのサラダ。


・数種山菜のフリットと寒鰆 [+800円]

d0275530_22312970.jpg



< Les Entrées chaudes >  温かい前菜

奈良の伝統野菜 宇陀金牛蒡のポタージュ 
大地の香りと言われる牛蒡のポタージュ。 高温で牛蒡の香りをひきだし、水分を少し控えて、濃度のあるポタージュに仕上げました。 牛蒡のフリットと、牛蒡のスーブに合わせ配合したスパイスミックスを少し散らして。 

d0275530_22243096.jpg



仏産ホワイトアスパラと子持ち槍烏賊 パルメザンのサバイヨン

d0275530_22252543.jpg



フランスAOCシャポン腿肉とフォアグラと茸のパイ包み [+1500円]
世界で最も高価な鶏シャポン。フランス、ブレス産のシャポンの腿肉をフォアグラと共に茸と胸肉のファルスで包み、そしてパイで包む。ソースももちろんシャポンの鶏ガラからとった出汁。
一日二個限定。

d0275530_2252484.jpg



馬鈴薯を纏った赤座海老2尾とピマント・デスペレット”エスペレット村の一味唐辛子” (spécialité) [+1500円]


< Les Plats >   メイン

魚介のシュークルート (的鯛の薫製、帆立、ベーコン、浅利)
パリの頃からのクルティーヌの得意料理。

d0275530_2225195.jpg





宮崎牛頬肉の赤ワイン煮込み 
冬の定番料理ですね。

d0275530_22251673.jpg



カスレ (量多め) [+900円]

d0275530_2371198.jpg



黒毛和牛ランプ熟成肉<熟成100日間〜>のポワレ(100g)鴨脂でコンフィにして揚げる馬鈴薯 [+2000円]


< Fromages > チーズ (チーズの無い食卓は片目の美女   ブリア・サヴァラン)
フランス産チーズ 4種 盛り合わせ    +1400円


< Desserts > デセール

モワルーショコラ バニラアイス添え
カットすると、トローッとチョコレートが流れ出るあのデザートです。


宮崎県産日向夏の一皿 (日向夏のソルベ、日向夏のジュレ、日向夏ロール)
爽やかな柑橘の香りと、その皮も食べられる日向夏ならではの味わいをいろいろとお楽しみ下さい。

レグリス(甘草)とキャラメルのパルフェグラッセ(アイス) ペドロ・ヒメネスとシャンパンのカクテル [+500円]


< Options >    オプション
天然仏産フレッシュ冬トリュフのスライス (お客様ご自身がトリュフに触れ、スライスを。) [0.5g 300円]

前菜を1品プラス     [+1300円]
メインを一品プラス   [+2900円]
デセールを一品プラス [+900円]


※サービス料は頂いておりません。当店のメニューはすべて税別表記となっております、予めご了承下さい。




では、続いて [ランチメニュー]


2015.2.4 ~ 3.3 Lunch (お昼はカード利用を御遠慮頂いております。)
Le Menu (下記より前菜、メイン,デセールをお選び下さい) ¥2600(¥2808) 
 
  ————Entrées 前菜—————————                         
本日のスープ
金美人参のスープ。

本日のサラダ “カプリス・シェフ”(シェフの気まぐれサラダ)

フォアグラのクレームブリュレ (スペシャリテ)                             
自家製ブーダン・ノワール  リンゴのコンポート添え  
(豚の血と、ラゼラヌーなど、21種スパイスを使ったフランス伝統料理をクラシカルに。サラワク黒胡椒のアクセントで) ノワールとは“黒”という意味。

北海道の真ツブ貝と能登の甘エビのタルタル  [+600円]
 
 ————Plats メイン———————                          
本日の鮮魚と浅利  バジル風味のスープ仕立て                                                                     
アッシ・パルマンティエ (鹿肉、馬肉、熟成牛肉)
鹿児島の猟師から直接届いた10kgの日本鹿半頭を、香味野菜や仔牛の挽肉、熊本の馬肉、熟成牛肉とともにゆっくり2日間かけて煮込みました。 馬鈴薯のピュレと2層にしてアツアツをお召し上がり頂けます。今の時期限定のジビエが薫る料理です。

“カスレ“ (仏産鴨の手羽、砂肝、首肉、ヴァントレーシュ、ソーセージ) [+1400円]     
南フランスの郷土料理。パリ時代から冬期限定の得意料理。量多めです。量少なめも出来ます。   

黒毛和牛ランプ熟成肉のポワレ(80g) 特製の馬鈴薯のフリット添え  [+2800円]        
噛む程に旨味の出るお尻辺りの赤身肉。100日以上熟成させた独特の香りを。


 ————Desserts デセール————————                  
日向夏のロールケーキ

モワルーショコラ  バニライス添え [+500円]

季節のソルベ2種(日向夏、蜜柑とキャラメル、バナナ、バニラアイス)

アシエット・フロマージュ(フランス産チーズ4種盛り合わせ) [+1000円]

—––––Options 追加———————
前菜を1品追加     [+900円]
メインを1品追加     [+1500円]
デザートを1品追加     [+600円]
天然の仏産フレッシュ冬トリュフ(お客様ご自身がトリュフに触れスライスを)[0.5g 300円]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
クルティーヌおすすめコース  ¥3800(¥4110)
                        
アミューズ・ブーシュ
Amuse-bouche

シェフの気まぐれサラダ
Salade de jour.

本日の鮮魚と浅利 バジルのスープ仕立て
Poisson de jour au soupe de Basilique.

アッシ・パルマンティエ
Hachis parmentier.

日向夏のロールケーキ
Cake rouleau de HYUGANATSU

食後のお飲物
Café ou Thé

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レジェ(軽め)コース  ¥2200(¥2380)
※土日祝日を除く平日のみご利用になれる限定コース

アミューズ・ブーシュ
Amuse-bouche

本日のスープ
Soupe du jour.

※お魚料理かお肉料理を下記よりお選び下さい

本日の鮮魚と浅利 バジルのスープ仕立て
Poisson du jour au soupe de Basilique.
又は
アッシ・パルマンティエ
 Hachis parmentier.

季節のソルベ又はバニラ
Sorbet

食後のお飲物
Café ou Thé

~~~~~~~~~~~~~~~

福寿草コース(2月のフルコース)  ¥7,600(¥8,208)
※ご予約の際にお申し付け頂ければディナーのフルコースをお昼にお召し上がり頂けます。
次の日のことを気にせず、気兼ねなくフルコースを堪能できる贅沢を。


当店のメニューはすべて税別表記となっております、予めご了承下さい。
当店での食事の為に近隣の駐輪場をご利用のお客様はお帰りの際、領収書をお持ちくださいませ。



いつものとおり、「早く2月のコース内容が知りたい」と楽しみにして下さる方々のお声にお応えしたくて、このページにはまだ写真が1枚もありませんが、これから少しずつ増やしてゆきます。
それぞれの料理のコメントや、紹介も少しずつ増やしてゆきますので、たまに思い出して開いてみて下さい。

では、2月メニューと福寿草コース、お楽しみに!


・2月7日(土)
ディナーコースの説明と、写真を追記しました!
by courtine | 2015-01-31 11:13 | 今月のメニュー、特別メニュー

『区長賞』!  杉並区商店コンクール

2015年1月16日金曜日に、平成26年度の杉並区商店コンクール表彰式が行われました。


d0275530_17171385.jpg



杉並区の各商店街が推薦する商店の審査が、2014年9月11日(木)、12日(金)の2日間実施され、ラ・メゾン・クルティーヌは『区長賞』を頂きました。(一番優秀なお店としての受賞でした!)

地域に密着したレストランを目指して、地域の方々に愛されたい、誇りにして頂きたいと願うクルティーヌにとって、この受賞は大きな1歩になると思います。

これからも、皆さまの応援を大切にしながら、より一層素敵なレストランにしてゆきますので、温かく見守って下さるよう、宜しくお願い申し上げます。


急に壇上でスピーチする事になりました。 緊張。
d0275530_171578.jpg



こちらが審査概評
d0275530_17172893.jpg


「『ラ・メゾン・クルティーヌ』は創業約3年のフレンチレストランです。オーナーシェフの善塔さんは国内での有名店での修行の後、フランスで7年半、ミシュラン一つ星、二つ星でシェフを任され、満を持してここ阿佐ヶ谷の地で開店しました。川端新興会に加盟しており、JR阿佐ヶ谷駅南口より徒歩1分のところに立地しています。
白を基調とした明るく落ち着いた店内は個室もあり、記念日やパーティにも最適です。また今流行の”レストランウエディング”も行なう事ができます。『ラ・メゾン・クルティーヌ』という店名はオーナーがフランスのパリ14区で始めに修行したフレンチレストランの名を頂いています。また、同時にレシピも頂いています。つまり、同じ店名と同じレシピのフレンチレストランが、ここ、阿佐ヶ谷とパリにある事になります。まさに本場の味を阿佐ヶ谷で味わえる本格的フレンチレストランの誕生です。
ワインも150種類以上用意されており、シニアのお客様を中心に賑わっています。店内では定期的にクラッシックのコンサートも開催されています。
また、阿佐ヶ谷に名物を作る会『阿佐谷プロダクツ』では阿佐ヶ谷文士お墨付きカレーのレシピも提供していただいています。」



気持ちのいい朝
d0275530_17212291.jpg



ありがとうございます!

d0275530_17175415.jpg



ラ・メゾン・クルティーヌは少しずつですが、前に歩んでいます。
懇意にして下さる、御贔屓下さる皆さま、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
by courtine | 2015-01-21 17:36 | おしらせ

2/10(火)〜2/14(土)5日間限定企画! 阿佐ヶ谷のスープイベント。

アサプロ企画! 
阿佐ヶ谷 世界スープ巡り

2/10(火)〜2/14(土)の5日間限定企画に 11:00~18:00 の 提供時間限定のテイクアウト 1杯300円程度(チケットの枚数を多く買うとお得です)で参加します!(2/12(木)は休み)

前売り特典など詳しくはこちら。。

チケット購入はこちら


阿佐ヶ谷が誇る厳選11店が参加。9カ国のスープをテイクアウトで気軽に楽しめます。普段は少し敷居が高い割烹料亭や、フランス料理店から、ネパール料理、イラン料理など、バラエティ豊かなラインナップです。

今回ご賞味頂ける当店自慢のスープは「ビスク」。フランスの伝統的なスープですが、知らない方もおられるかと思いますので、さわりだけ少しご案内。

ビスク(Bisque)とは、クリームベースの滑らかで濃厚な味わいのフランスのスープで、裏漉しした甲殻類のクーリ(ペースト)をベースとして作ります。
今回のクルティーヌのビスクは、オマール海老を香味野菜と共によ〜く炒めて香りを引き出しベースにした甲殻類のスープで、蟹や、赤座エビ、魚介なども使用します。

お店にチケットを持ってきて頂いたら、泡立ててふんわりとした泡と2層にしてご提供します。
まずは泡の持つ軽さと香りを楽しんでください。

量は1杯150ccくらい。  ディナー限定で提供しているクルティーヌ特製の自家製パンを個数限定でこの期間のみ1個80円で販売致しますので、濃厚なビスクと一緒にぜひ合わせてみて下さい。

さて、ここまで読んで下さった方に、ここだけの裏メニュー情報です。
2月14日(土)のヴァレンタイン限定で「ヴァローナショコラ・グアナラの温かいスープ」 も裏メニューとして販売致します。

フランスが誇るヴァローナのチョコレートが芳醇に薫り立つ心の温まるヴァレンタイン特別スープ。
ご自分へのご褒美に、ご家族への感謝に、親愛な方と過ごす時間と共に。 どうぞお楽しみください。

ビスクに興味のある方はこちらも



先日の杉並商連会で、ラ・メゾン・クルティーヌが区長賞を頂いた際に、田中区長と石原のぶてる衆議院議員と共に。 (感極まって? 目をつぶってしまいお恥ずかしいのですがせっかく撮らせて頂いたので。)

d0275530_1731378.jpg

by courtine | 2015-01-14 11:44 | イベント

新年もスタート!

新年 明けましておめでとう御座います。


旧年中は格別のご愛顧を頂きまして誠にありがとうございます。
本年も、皆さまのご期待に添えるレストランであり続けるよう精進を続けます。
どうか、変わらぬお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。


本年は気持ちのよい快晴の新春を迎え、心身ともに晴れやかな始まりとなりました。
新しい年もまた、新たな決意、新たな思いを胸に、より高みを目指し、料理と真摯に向き合ってゆきたいと思います。

それでは、カラリと澄んだ澱みのない空気感がもたらしてくれた1月のメニューです。
今月のフルコースは雪中花:水仙。

11月末に和歌山から届いた猪の腿肉は、シヴェ(ジビエ独特の煮込み料理)にして、1/12より提供開始します。数に限りがありますので、メニューには載せず、本日のおすすめとしてご案内致します。
ご希望の方はご予約時にお申し付け下さい。
d0275530_1443440.jpg



<ランチメニュー>

2015.1.9 ~ 2.3 Lunch (お昼はカード利用を御遠慮頂いております。)
Le Menu (下記より前菜、メイン,デセールをお選び下さい) ¥2600(¥2808)  
  ――――Entrées 前菜―――――――――                         
地鶏と茸と菊芋のテリーヌ
旬の茸5種をソテーし、白ワインで蒸し煮したものに、トピナンブール(フランスの菊芋)を混ぜ、スュープレームムースと合わせて、鶏胸肉の薄切りで包み、オーブンヴァプールでしっとりと火入れ。

本日のサラダ “カプリス・シェフ”(シェフの気まぐれサラダ) 
その日の気分の前菜をほんの少しずつサラダとともに盛り付けたちょっぴりお得な、シェフ気まぐれのサラダ。
d0275530_1636327.jpg


フォアグラのクレームブリュレ (スペシャリテ)
多くのファンがいる安定の定番料理                             
自家製ブーダン・ノワール  リンゴのコンポート添え                  (豚の血と、ラゼラヌーなど、21種スパイスを使ったフランス伝統料理をクラシカルに。サラワク黒胡椒のアクセントで) ノワールとは“黒”という意味。

 
 ――――Plats メイン―――――――                              本日の鮮魚  レンズ豆のスープ と ベーコンの泡 
いろとりどりの野菜のスュエに、レンズ豆の温かなスープとベーコンの泡を合わせて 
d0275530_17152155.jpg

                                        
信州飯田 千代幻豚<5週間熟成>のブランケット(クリーム煮) 春菊のピュレ
幻の豚肉。日本で唯一の生産農場「岡本養豚」から半頭で入荷。昭和35年以降生産効率等の理由で海外から輸入された大型の品種が飼育されるようになったために絶滅寸前の中ヨークシャー種。25年以上にわたり改良を重ね、豚肉本来の味にこだわり続けた養豚職人「岡本陸身」が復活させた、まさに究極のスローフード。5週間熟成させ、より個性の凝縮した旨味を御堪能下さい。
d0275530_1263148.jpg



宮崎牛頬肉の赤ワイン煮込み (80g) 馬鈴薯のピュレと色とりどりの根菜 [+500円]  

d0275530_16225799.jpg



“カスレ“ (仏産鴨の手羽、砂肝、首肉、ヴァントレーシュ、ソーセージ) [+1400円]     南フランスの郷土料理。パリ時代から冬期限定の得意料理。量多めです。量少なめも出来ます。

d0275530_1716295.jpg

 

黒毛和牛ランプ熟成肉のポワレ(80g) 特製の馬鈴薯のフリット添え  [+2800円]               噛む程に旨味の出るお尻辺りの赤身肉。100日以上熟成させた独特の香りを。
d0275530_1275458.jpg



  ――――Desserts デセール――――――――                     栗のクレープ エスプレッソ風味 
温かいリオレ 抹茶のアイス 
季節のソルベ2種(バナナ、洋梨、蜜柑とキャラメル、バニラアイス)
アシエット・フロマージュ(フランス産チーズ4種盛り合わせ) [+1000円]

―––––Options 追加―――――――
前菜を1品追加     [+900円]
メインを1品追加     [+1500円]
デザートを1品追加     [+600円]
天然の仏産フレッシュ冬トリュフ(お客様ご自身がトリュフに触れスライスを。)[1g 600円]

クルティーヌおすすめコース  ¥3800(¥4110) 
                        
アミューズ・ブーシュ
Amuse-bouche

シェフの気まぐれサラダ
Entré de jour.

本日の鮮魚 レンズ豆のスープとベーコンの泡
Poisson de jour au soupe de lantille.

信州飯田 千代幻豚のブランケット 春菊のピュレ
Blanquette de Cochon fermier


栗のクレープ エスプレッソ風味
Crépe de Maron

食後のお飲物
Café ou Thé

レジェ(軽め)コース  ¥2200(¥2380)
※土日祝日除く平日のみご利用になれる限定コース

アミューズ・ブーシュ
Amuse-bouche

本日のスープ
Entré du jour.

※お魚料理かお肉料理を下記よりお選び下さい

本日の鮮魚 レンズ豆のスープとベーコンの泡
Poisson du jour au soupe de lantille.
又は
信州飯田 千代幻豚のブランケット(クリーム煮) 春菊のピュレ                       Blanquette de Cochon fermier .

季節のソルベ又はバニラ
Sorbet

食後のお飲物
Café ou Thé



水仙コース(1月のフルコース)  ¥7,600(¥8,208)
※ご予約の際にお申し付け頂ければディナーのフルコースをお昼にお召し上がり頂けます。
次の日のことを気にせず、気兼ねなくフルコースを堪能できる贅沢を。


当店のメニューはすべて税別表記となっております、予めご了承下さい。



<ディナーメニュー>

< Les Entrées froides >  冷たい前菜
パースニップとゲランドの塩のムース  生雲丹とコンソメ “インドネシア産ムントク白胡椒”
d0275530_1717362.jpg



ジビエのパテ(蝦夷鹿、佐賀猪、山鳩,フォアグラ)

d0275530_17171499.jpg



本日のサラダ  “カプリス・シェフ” (シェフの気まぐれサラダ)



< Les Entrées chaudes >  温かい前菜
小槍烏賊のヴォンデ風


白子のパイ包み

フランスAOCシャポン腿肉とフォアグラと茸のパイ包み [+1500円]

d0275530_17182949.jpg


馬鈴薯を纏った赤座海老2尾とピマント・デスペレット”エスペレット村の一味唐辛子” (spécialité) [+1500円]
d0275530_127669.jpg




     < Les Plats >   メイン



本日の鮮魚 アルヴェールソース
d0275530_17193060.jpg


宮崎牛頬肉の赤ワイン煮込み 

d0275530_16225799.jpg



カスレ (量多め) [+900円]

d0275530_1716295.jpg



黒毛和牛ランプ熟成肉<熟成100日間~>のポワレ(100g)鴨脂でコンフィにして揚げる馬鈴薯 [+2000円]


本日のおすすめ(仔羊の皿)

d0275530_17212473.jpg



  < Fromages > チーズ (チーズの無い食卓は片目の美女   ブリア・サヴァラン)
フランス産チーズ 4種 盛り合わせ    +1400円

< Desserts > デセール

蜜柑のタルト コアントロー風味 蜜柑とキャラメルのアイス


温かいリオレ 抹茶のアイス 
レグリス(甘草)とキャラメルのパルフェグラッセ(アイス) ペドロ・ヒメネスとシャンパンのカクテル [+500円]



< Options >    オプション
天然仏産フレッシュ冬トリュフのスライス (お客様ご自身がトリュフに触れ、スライスを。) [1g 600円]
前菜を1品プラス     [+1300円]
メインを一品プラス   [+2900円]
デセールを一品プラス [+900円]

レジェ(全体量少なめの軽いコース)  ¥4700 (¥5076) 前菜+メイン+デセールをお選び下さい。
アミューズブーシュ、パン、バター、食後のお飲物も含まれております。
クルティーヌ ¥5700(¥6156) 冷前菜+温前菜+メイン+デセールをお選び下さい。
アミューズブーシュ、パン、バター, ミニャルディーズと食後のお飲み物も含まれております。


2014.1.9~ 2.03          水仙
Menu de narcisse



プティ・シュー シャラン鴨腿肉のリエット 
Petit chou.

シャポンと茸のテリーヌ
Terrine de Chapon
世界一高価な鶏シャポン。 その胸肉だけを贅沢に使い、5種類の茸のソテーを中に閉じ込め、バジルの香りで。

白子のパイ包み
Laitance en courte
新鮮な真鱈の白子をムニエルにし、香り良くソテーしたほうれん草で包み、自家製のパイで包み焼き上げました。 とても人気の一皿。
d0275530_16354433.jpg



小槍烏賊のヴォンデ風
Soupillon façon pivale vondean .
パリ一ツ星当時のスペシャリテ。 このバランス感覚がクルティーヌの味わい。
d0275530_1285676.jpg




ノドグロ アルヴェール風
AKAMUTU sauce albert
この時期はやはりノドグロ(赤むつ)。ほろりと崩れるその身の柔らかさと、脂の乗り。
ベルモット酒、マッシュルーム、エシャロットをふんだんに使う香り高い贅沢なソース。
バターを軽くして、あまり重くせずに旨味を引き出したソース。


蝦夷鹿 腿肉 
Chevreuil
蝦夷鹿の腿肉を4週間熟成させ、焼き上げる。 その身の柔らかさと、熟成香に山葡萄のソースがとてもよく合う。
d0275530_1433861.jpg




カマンベールチーズのグラタン
Camembert gratinée.
カマンベールをアツアツにグラタンにして少し。濃厚な旨味にカソナードの甘みがよくあって。

 蜜柑のリオレ 蜜柑のタルト 蜜柑とキャラメルのアイス
Assiette cleimentines.
蜜柑で優しいデザートを。3種それぞれ独特のデザートを贅沢に合わせて、マリアージュを楽しむ。
d0275530_1293850.jpg




フランス産パムプリー(AOC)無塩バターと、そのバターのために作った自家製パン
Pain et Beurre de Pamplie.

小さな3種のフランス菓子
Mignardises.

食後のひととき
Café ou Thé.


¥7,600(¥8,208)


サービス料は頂いておりません。当店のメニューはすべて税別表記となっております、予めご了承下さい。


クルティーヌは、遅めの正月休みを頂き、1月9日から営業しております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ラ・メゾン・クルティーヌ
    善塔一幸
by courtine | 2015-01-09 08:40 | 今月のメニュー、特別メニュー