ソワレ・ジビエ (ジビエの夕べ)!  11月18日 19:30~

”ジビエづくし”

やります。

一夜限りの。

新宿のお洒落なマンションの一室で。

8名限定。



命題のとおり、コースの最初からメインまで、すべてにジビエをからめた料理でやりきります。

お洒落ホームパーティーのような一体感ある空間で、食卓の真横で本格ジビエ料理を作ります。
ジビエの香りを部屋中に振りまきながら、テンション高めでの盛りつけになると思います。

みんなでジビエを食べ、合わせたワインを飲み、ジビエを語らう ”ジビエ・ナイト”。

フランス語で言えば ”ソワレ・ジビエ(Soiree gibier) ジビエの夕べ ”

普段レストランでは出来ないことを、新宿のマンションの一室の、ゆったり、リラックした空間で。
そんな柔らかなコンセプトでの [ジビエづくし] は、”本気”と、相反する”リラックス”が共存する、楽しい夜になるでしょう。


今回は、ラブストーリー・テイストさんと僕のコラボレーション企画。

あ、まずは紹介からでした。
ラブストーリー・テイストさんは、国内の素晴らしい生産者の野菜やフルーツを発掘、紹介、販売しているお店。僕も、オープン当初から大ファンで、ことあるごとに野菜をお願いしていますが、料理業界でも非常に注目されていて、一流のシェフの方々に信頼されているお店。

そんなお店とのコラボなので、ジビエナイトとは言っていても、野菜のクオリティが半端じゃないです。
もし付け合わせのお野菜や、ポタージュの味がいまいちだとしたら、即、僕の力不足という事になるので、かなり真剣に向き合うことになります。

しかも、ラブストーリーの顔、槇村さんが、自らサービスマンとなり、野菜の情熱と魅力を余すところなく皆さまの心へと運びます。


そして気になるワイン。
こちらは白ワイン1種、赤ワイン2種を料理に合わせて既に決めてあります。

数あるワイン業に携わる方々の中でも、抜きん出て僕が信頼を置くワインのスペシャリスト栗原さんとしっかり味見して、しっかり選定。 料理とのマリアージュは約束されています。

今、口説いている真っ最中ですが、もしかしたら栗原さんも、当日は僕らに加わり皆さまへワインをサーヴしながらワインの魅力を語り、心地よい余韻を楽しませてくれることになります。
その素敵な人柄と、優しい口調は、きっと、心地よい空間へと誘う後押しとなる事でしょう。


こんな、もう二度と実現できないかもしれない三拍子そろった魅力的な”ソワレ・ジビエ”。

その気になるメニュー ・・・ 公開です。

全部で六皿。

・ペルドローと鹿と猪のパテ 

・バターナッツのポタージュと木の実と一欠片のバナナ

・山鳩とヴァントレーシュ(熟成ベーコン)とガルグイユ

・熊の腕のコンソメ・ア・ラ・ロワイヤル (ほのかな栗の蜂蜜の香り)

・鹿児島産天然イノシシ 2種調理法で
 イノシシ肩ロースのコンフィには黒大根のキャラメリゼを合わせ、ソース・ポワヴル・ヴェール(グリーンペッパーソース)で。
 イノシシ鞍下肉のポワレには、カラフルなビーツとソース・オ・フリュイ (カシス、山葡 萄、クルミを使ったフルーティーなソース)で。

・ラ・フランスの温かいコンポート シナモン風味  バジルとサンペレグリノのグラニテ添え。

そして、料理に合わせた、白ワイン1種と赤ワイン2種 。


かなり気持ちの入った夜になると思います。
本当に美味しい状態、理想的な空間を維持する為に、8名限定にしました。

ご予約はお早めにされた方がいいと思います。


詳しくはこちら。
http://lovestory.co.jp/kitchen/?p=862
又は
https://www.facebook.com/events/242352535921712/?ref=5


ラブストーリーさんの日常はこちらから覗けます(笑)

ラブストーリー・キッチン 
https://www.facebook.com/LoveStoryKitchen
ラブストーリー・テイスト
https://www.facebook.com/LoveStoryTaste
by courtine | 2013-10-31 17:01
<< ペルドロー(ヤマウズラ) 3週... 前回のヤマウズラのその後と、ま... >>