秋の涼しさ!! で、ランチ変更!

今日は涼しい一日になりました!

秋の空気が感じられます。
よって、ランチメニューも変更!

人気の料理はそのままに、夏らしい料理から秋らしい料理へ。

では、その気になる内容を公開します。


Le Menu (下記より前菜、メイン,デセールをお選び下さい) ¥2600(¥2730)  
  ————Entrees 前菜—————————

大山鶏胸肉と茸のテリーヌ   旬の茸5種をソテーし、白ワインで蒸し煮したものに、トピナンブール(フランスの菊芋)を混ぜ、スュープレームムースと合わせて、鶏胸肉の薄切りで包み、オーブンヴァプールでしっとりと火入れ。香り立つバジルを散らして。
こちら新メニューですが、既に非常に人気の一皿となっております。
 
スコットランド産サーモンとクリームチーズのミル・ソーモン 薄くスライスしたサーモンとクリームチーズを層にして、クルミや、柚子や、ディルのアクセント。キュウリのソースで。さわやかさっぱりはこちらのお料理。

フォアグラのクレームブリュレ                             (フランスペリゴール地方から届くフォアグラを、ナツメグ、コニャック、ポルト酒で  36時間以上マリネ。200℃のキャラメルで包み65℃のオーブンで静かに火入れたそのフォアグラを、クレームブリュレに仕上げます。) 既にファンができてしまったこちらの料理。まだ食べてない方は是非食べてみて下さい。新しい美味しさを発見出来ます。

自家製ブーダン・ノワール   リンゴ添え      (豚の血と、レイ・オ・ノーなど21種スパイスを使ったフランス伝統料理をクラシカルに。サラワク胡椒のアクセントで) ノワールとは“黒”という意味です。 こちらも、普通のお店ではなかなか食べられないお料理。フランスで一番美味しいと言われるクリスチャン・パラーの㊙ブーダンを再現します。
  
  ————Plats メイン————————
本日の鮮魚のポワレ バリグールと烏賊墨のニュアージュ   バリグールとはアーティチョーク(朝鮮アザミ)とヴァントレーシュ(豚バラの塩漬け)を使った野菜料理。白ワインや野菜の出汁を使い、パプリカ、エルブドプロヴァンスで南仏のニュアンスを。  (ニュアージュとは雲のこと。まるで雲のようなふんわりとした泡。)           
         
活オマール海老1/2尾のロティ 肝とバジルの2種ソース (+1050円 2人でご注文下さい)
こちらはパリのラ・メゾン・クルティーヌの頃のレシピそのまま。 毎回売り切れるので、絶対に食べたいという方は、ご予約の際にお申し付け下さい。お取り置き致します。

タイムとローリエの香りで焼き上げる宮崎牛ハツの厚切りロティ  ソース・フォンドヴォー・リエ (2日かけて仔牛の骨から取った濃厚なソースに仏産パンプリーバターの香りをプラス。)
こちらは伝統的な料理技法を駆使して、旨味を重ねる料理です。 一口食べて、ほほが緩む。そんな経験を是非。

フランス大西洋岸ヴォンデ地方の湿地帯で育った、世界中でビュルゴー家の鴨だけにしか名乗れない希少なシャラン鴨エテュフェ。そのビュルゴー・シャラン腿肉の伝統的な鴨油コンフィを白ワインソースで。   (+500円)  
鴨腿肉のコンフィとしては、日本一美味しいと自負している、そんな料理です。
世界最高の鴨の腿肉を使い、日本では珍しい鴨の脂の中でコンフィにする行程を経て、日本ではまず使わない白ワインソースでさっぱりと、旨味のマリアージュを。 フランスでも、このクオリティは見つけるのが至難な、自信の一皿。


  ————Deserts デセール————————
パンペルデュ レグリス(甘草)とキャラメルのパルフェグラッセ添え 
ファンの方待望のパンペルデュ。今年も冬に向けて、オンメニューです。

三浦スイカのスープ仕立て そのグラニテと塩パルフェ。
スイカよりもおいしいスイカのデザート完成。
 
ガトー・フロマージュブラン  (フランス産フレッシュチーズを使用したケーキ )
フロマージュ・ブランは、最高のフレッシュチーズ。賞味期限が短いので、空輸で運ばれて来て、すぐにケーキにします。その繊細な酸味と優しいナチュラルな甘みを是非お試し下さい。 
日本のものとはひと味違ったフランス的なチーズケーキに、天使のクリームと呼ばれる”クレーム・ダンジュ”をのせて。


  —––––Option 追加——————— 
                
宿儺(すくな)カボチャのポタージュとモンサンミッシェルのムール貝 (+900円) 
飛騨の国(岐阜)の特産。ヘチマのような形をしたカボチャ。糖度が高く、優しい香りのするポタージュにモンサンミッシェルのムール貝を添えて。 
(こちらを読まれた方だけの㊙情報。いたずら心とともににバナナを一欠片いれています。ヨーロッパらしいミニョンな感覚が同居する心と味覚同時のマリアージュを。)

オーストラリア産 フレッシュ黒トリュフ (+2100円)お好みの料理にトッピング致します。
他店でトリュフを食べた事がある人は、トッピングのその量に必ず驚かれます。そして、本物の味と香りに自然と笑顔になります。
そして、トリュフを食べた事の無い方には、ぜひ、当店で本物を知って頂きたいとの願いを込めて。



では、皆様のご来店を心待ちにしながら、いつでも、最高をご提供出来るよう、体調管理、食材管理しつつ、心とともに準備してスタッフ一同お待ちしております。 

オーナーシェフ  善塔一幸
by courtine | 2013-09-11 21:22
<< 祝! 2周年です。 今度こそミルフィーユ。 >>