トリュフ入荷!

d0275530_937979.jpg

南半球 オーストラリアの冬トリュフが入荷!。
夏トリュフもあるけれど、トリュフはやはり冬の物の方が、香り、味わい、余韻ともに優れている。
2013年という今日になっても、その生態は謎が多いトリュフ。いまだに、養殖出来ないという事実。 何処にできるか分からず、一度取れた場所がトリュフにとって理想的な環境であったとしても、2、3年収穫のない場合もあるという。
豚の雌のホルモンの匂いに近いから、雄豚だけが探し出せると言われ、その香りを犬に覚えさせて探す。
別のトリュフ名人が言うには、トリュフのある場所の周囲を飛ぶ特異な虫がいて、それを目印に探す。
いまだにそんな原始的な方法で収穫される謎だらけのトリュフ。

オーストリア産と言えど、去年のフランス産と比べても全く遜色なし。
今年の出来は例年と比べても非常に良いと言われ、納得の香りを放っている。

現在 25万円/kg で取引される、神秘のキノコ。 単純計算で、たった100gでも、2万5千円。
当店では、昼、夜ともに、+2100円で ご要望のお皿にトリュフをスライスいたします。

僕ら料理人も、よほどのレストランでなくては取り扱う事のできない食材。
トリュフには利益をのせず、できるだけ沢山の方に食べて頂きたいと,頑張っております。

冷凍のトリュフや、中国産のトリュフとは比較にならないほどの価格差、それに見合う香りと旨味と余韻。価値のあるフレッシュの冬トリュフ。この機会に是非お試し下さい。


善塔
by courtine | 2013-07-12 09:52 | クルティーヌの食材
<< 明日の常連さん特別メニュー公開。 2013.5.30〜デジュネ >>